石鹸をプレゼントする意味って?相手に喜んでもらえるプレゼント選び


せっかくプレゼントを贈るなら相手に喜ばれるものを
家族、友人、恋人、お世話になっている方…様々なシーンで、様々な相手にプレゼントをする機会があると思います。
プレゼントを贈る時というのは、相手が好きそうなもの・喜んでもらえるものを自分なりに考えて選ぶものですよね。
しかし、気持ちを込めて選んだプレゼントで相手を怒らせてしまったり、不快な思いをさせてしまったりして困惑した経験がある方もいらっしゃるかもしれません。
日本には、縁起やアイテムからの連想によって、ものに意味を持たせる文化があります。普段はあまり意識しないという方も多いと思いますが、気にする方もいらっしゃるので注意が必要です。
例えば、女性へのプレゼントとして選ばれることも多い石鹸。石鹸にはどのような意味が隠されているのでしょうか。
今回はプレゼント選びの際に参考になる、プレゼントの定番アイテムに込められた意味についてまとめていきたいと思います。

石鹸に込められた意味とは

女性へのプレゼントやお中元・お歳暮にもよく選ばれる、贈り物アイテムの定番・石鹸。
石鹸をプレゼントすることには、どのような意味があるのでしょうか。
一般的に、日本では、石鹸は使うと溶けてなくなることから、「病を洗い流す」という意味を込めて快気祝いの贈り物に選ばれることが多いようです。
一方で、外国の方に石鹸を贈ったところ「石鹸を贈るのは体が汚いからきれいにしてください」という意味に取られてしまい相手を怒らせてしまった、という経験をした方も結構いらっしゃいます。
日本でも、外国の方と同じように石鹸をプレゼントされることに対してマイナスイメージに捉える方がいらっしゃるかもしれません。
同じものを贈っても、喜ぶ方もいれば良く思わない方もいる…相手が親しい人であれば、あらかじめ、石鹸のプレゼントにどのようなイメージがあるか何気なく訊いてみることもできそうですが、なかなか難しいところです。

良い意味を持つとされるプレゼント定番アイテム

石鹸以外にも、意味を持つとされているプレゼントの定番アイテムがあります。その中からいくつかご紹介していきます。

・扇子
「末広がり」ということで、縁起物とされています。
男性・女性とも、夏に扇子を愛用する方は多いので、性別を問わず夏の贈り物としてふさわしいアイテムと言えるでしょう。

・財布・小銭入れ・キーケース
どれも毎日持ち歩くアイテムで「いつもそばに置いてほしい」という意味合いがあります。恋人や親しい相手に贈りたいプレゼントアイテムです。
逆に、それほど親しくない方に贈ると変な勘違いをされてしまうかもしれませんので、贈る相手は選んだほうが良いかもしれません。

・腕時計
「離れていてもいつも一緒に」「あなたと同じ時間を刻みたい」といった意味があります。財布や小銭入れ・キーケースと同じく、恋人や親しい人に贈ると良いアイテムと言えるでしょう。
この他「勤勉」という意味もあります。学校生活頑張って、という気持ちを込めて入学祝いなどに子どもに贈るのにはぴったりのアイテムでもあります。しかし、目上の方に対しては「勤勉」という意味のアイテムを贈るのは失礼だと思われてしまうことも考えられます。目上の方へ贈るのは避けたほうが良いでしょう。

・鏡・ガラス
鏡もガラスも割れもの。離婚・離別といったイメージを連想させるということから、結婚式のお祝いには不向きとされています。
また、鏡には「自分の顔をよく見て」といった意味もあるので、女性に贈るのは失礼になることも。
相手からリクエストがあった上でプレゼントするのは良いかもしれませんが、それ以外のケースでは、あまり積極的に贈らないほうが無難なアイテムと言えそうです。

・エプロン
「もっと働きなさい」という意味があります。エプロンを贈ってお姑さんを怒らせてしまった、というお嫁さんの話を耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
エプロンを愛用するお母さんならきっと喜んでもらえるはず、と母の日のプレゼントとして選ぶ方も多いエプロン。
しかし、相手との関係性によってはプレゼントにふさわしくないアイテムになってしまう場合もあります。贈る相手には注意が必要かもしれません。

まとめ

定番のプレゼントアイテムには意味を持つものも多くあります。
ただ、意味合いを気にする方がいらっしゃる一方で、意味合い等には全くこだわらないという方もいらっしゃいます。
親しい間柄なら、そのアイテムの持つ意味云々ではなく相手が欲しいと思っているものを贈るのが一番喜ばれるのではないでしょうか。
逆に、相手がそれほど親しい方でない場合や目上の方である時には、誤解を生まないようなアイテム選びが必要になってくるでしょう。その場合には、アイテムの持つ意味を考えながら選ぶのが無難かもしれません。
プレゼントは相手あってのもの。この基本を押さえれば、相手に喜んでもらえるプレゼントをうまく選ぶことができるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする