紫陽花花言葉@紫陽花は結婚式のお花飾りにピッタリ?それともタブー?

紫陽花花言葉結婚式
結婚式が1番多くお披露目されるのは6月。
そのためか、6月の結婚式をジューンブライドといいますよね。

6月に満開となるお花といえば紫陽花。
白や青、ピンクといったきれいな花びらをつける紫陽花は結婚式のお花飾り(ブーケやフラワーアレンジメント)にピッタリのお花ではないでしょうか?

紫陽花を結婚式のお花飾りに使うのはタブー?

そんな紫陽花ですが、結婚式のお花飾りで使うのはタブーとされているのをご存知ですか?

その理由は、紫陽花の花言葉が影響しています。

紫陽花の花言葉には、移り気・浮気・冷酷・無情といったマイナスイメージの花言葉があるからなんです。

紫陽花にこのようなマイナスイメージの花言葉があるのでは、結婚式のお花飾りに使うのは躊躇してしまいますよね?

紫陽花の花言葉になんでこのようなマイナスイメージの花言葉が付いたのでしょうか?
それは、紫陽花が満開になるにつれて花色に変化があるからと言われています。

花色に変化がある=移り気、浮気

という花言葉が付いたと言われています。
あんなにきれいなお花なのになんとも寂しい気持ちになります。

そのため、紫陽花を結婚式のお花飾りに使うのはタブーとされてきたのです。

紫陽花の花言葉は怖い?こちらでは紫陽花の悪い花言葉を紹介しています。
紫陽花の花言葉は怖い?

紫陽花花言葉結婚式

紫陽花の種類や花色によってはプラスイメージの花言葉も

紫陽花に付いた花言葉は紫陽花という一括りに付いた花言葉なんですね。
しかし、紫陽花には色々な種類があり、また、青、紫、白、ピンクといった花色があります。

紫陽花の花色にごとの花言葉の記事はこちらに詳しく紹介しています。
紫陽花の花言葉@青、紫、白、ピンク色別で花言葉が違う?

結婚式にまつわる紫陽花の花言葉

紫陽花の種類は花色によってはとても良い花言葉がついていますので、ポジティブな考え方で近年は結婚式のお花飾りに紫陽花を使う方が増えてきています。

紫陽花というお花は小さなお花がたくさん集まって一つにお花の様に見えますよね?その様子から『絆』や『家族団欒』といった結婚式にピッタリの花言葉もあります。結婚式のお花飾りに使うにはピッタリな花言葉ですよね。

青い紫陽花には、『忍耐強い愛』という花言葉があります。幸せな結婚ですが、長い生活の中には色々な苦難もあったりします。そんな時、夫を支え愛す妻の忍耐強い愛は結婚にはピッタリの花言葉ではないでしょうか?

ピンク色の紫陽花には『元気な女性』という花言葉もあります。自分の妻がどんなときでも元気ではつらつとした魅力的な女性でいてくれたら男冥利に尽きるのではないでしょうか?

白い紫陽花には『寛容』という花言葉があります。他人同士である男女が一生生活をともにするのです。たまには違った意見もあるでしょう。そんな時、夫婦お互いを認めあう寛容な気持ちは必要ですよね。

また、白という色は純白など清廉なイメージが強いため、結婚式ではピッタリの花色ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする