紫陽花花言葉怖いを極めてみよう!

紫陽花の花言葉を聞いて思わず『怖い』と感じてしまいました。

雨と湿気でジメジメした鬱陶しい日が続いても、青、ピンク、紫、白などの鮮やかな色をした紫陽花が凛と咲いている気分転換になり、とても好きなお花なんですが…。

そんな紫陽花の花言葉はとても怖い花言葉でした。

怖い=悪い

なんですが。

紫陽花といっても、ヤマアジサイやカシワバアジサイ、アメリカノリノキなど色々な品種があるのですが、色々な品種をまとめて紫陽花として付けられた花言葉には…。

移り気・浮気・冷酷・無情

こんな花言葉が付いてるんですね。

怖くないですか??

なんで、こんなに怖い花言葉がついているのか?調べてみました。

そしたら…。

紫陽花は、開花から満開になるまで色々な花の色に変化します。

その色が変わるさまから『移り気、浮気』という花言葉が付いたんですね。

そして紫陽花の青い花色から『冷酷、無情』と言う花言葉が付きました。

いつだったかな~。

義理母に紫陽花をプレゼントした時があるんですよね。。

義理母が紫陽花の花言葉を知っていたか?は定かではありませんが、今考えると大失敗でした。

皆さんがこんなミスを侵さぬようにこの記事としました。

でも、青い紫陽花や白、ピンク、紫など紫陽花の花の色や紫陽花の品種によっていい意味の花言葉もあります。

そんな紫陽花の花言葉を紹介した記事はこちらになります。

紫陽花の花言葉@青、紫、白、ピンク色別で花言葉が違う?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする