インディアンえくぼってとっても可愛いですよね?


インディアンえくぼってとっても可愛いですよね?
今回はとっても可愛いインディアンえくぼについてお話します。

インディアンえくぼとは

頬にぽちっとできるえくぼ、口の横にでいるえくぼ…。えくぼができる場所はいくつかあります。

その中でも、インディアンえくぼは頬に縦ラインでくぼむえくぼのことを言います。インディアンえくぼは、眼角筋と大小頬筋の影響によってできるものです。

インディアンえくぼはライン状にくぼむのでシワと勘違いされる方もいらっしゃるようですが、皮膚や筋肉のたるみや肌の乾燥が原因でできるシワとは別のものです。

インディアンえくぼをシワと間違えて、相手の方に不快な思いをさせたりすることがないよう、ご注意くださいね。

頬にぽちっとできるえくぼは可愛いですが、縦ラインでくぼむインディアンえくぼは、何となく大人の女性に似合うえくぼという印象を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

インディアンえくぼは「鬼えくぼ」とも呼ばれています。
出所が不明ですが、古い言い伝えに「鬼えくぼのある女性とは結婚するな」というのもあるようです。「ひのえうまの女性は気が強い」といった迷信的なことのひとつだと考えられますので、気にしなくて良いでしょう。

一方で、「鬼にえくぼ」という、悪いものの中にも良いところがある、という意味合いの古い言葉もあるそうですから、昔からえくぼはチャームポイントと考えられていたという事ではないかと思われます。

インディアンえくぼができる原因とは?

えくぼというのは、笑顔になった時に、顔の様々な部分にできる「くぼみ」のことを言います。
そんなえくぼは、顔の様々な場所に、いろいろな形でできますが、中でも頬の高い位置、目の下から頬骨にかけてできるものをインディアンえくぼと呼びます。

そんなインディアンえくぼの原因は、筋肉の大きなゆがみです。
笑った時に筋肉に大きなゆがみが生じると、ここに隙間ができてくぼみになるのです。

なぜこのような現象が起こるのか・・・気になるところですね。
インディアンえくぼの原因は「遺伝」によるところが大きいと言われています。
インディアンえくぼに限らず、「えくぼ」そのものが優性遺伝とされており、両親にえくぼがあれば75%、片親にえくぼがあれば約50%の確率で遺伝すると考えられているのです。

えくぼができる原因

えくぼとは、微笑んだ時に頬にできるくぼみのことです。
えくぼは、笑った時の筋肉や皮下組織の動きに応じて、顔の皮膚の一部が引き込まれることで出来ると言われています。

顔には表情を出すための表情筋があります。人間の表情というのは、複雑で細やかですよね。体の他の部位の筋肉と比べてみても、複雑に動いていることがわかると思います。
その筋肉に付いている組織や皮膚が、筋肉の動きにつられて引き込まれるので、えくぼができるのだそうです。

えくぼがある方はもちろん大人にも見られますが、特に赤ちゃんや子どもにえくぼがある子が多い印象がありませんか。

赤ちゃんや子どもは、皮下組織の発達途中の段階にあります。そのため、皮下組織にすき間ができやすく、そのすき間の上にある皮膚上にえくぼが出来るのです。

えくぼが多い子どもや赤ちゃんが多いのは、このような理由に依るようです。

ですから、子どものころはえくぼがチャームポイントだったけれど、大人になったらえくぼが消えてしまった、というケースもあるようです。

もし、子どもの頃に自分のチャームポイントとして気に入っていたえくぼが大人になって消えてしまったら…何だか残念ですね。

インディアンえくぼのできる原因やインディアンえくぼのできる笑顔が可愛い芸能人やインディアンえくぼは整形できる?
など、インディアンえくぼについて詳しく紹介している記事はこちら!
↓ ↓ ↓
インディアンえくぼのできる原因とは?芸能人は誰?整形できる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする