結婚式二次会の会費の相場を知りたい!最近の結婚式二次会事情

「結婚式の二次会に招待されたけれど、この会費って高いの?安いの?」

結婚式の二次会に招待されたけれど、この会費、他の結婚式の二次会と比べてどうなんだろう…。
おめでたいことに対して不謹慎かもしれないけれど、思わずこんなことを考えてしまった経験のある方、結構多いのではないでしょうか。
結婚式だけに参列して二次会には出ない場合もあることを考えると、二次会に参加する回数は限られますし、会費の相場などはなかなか感覚を掴みにくいものですよね。

そこで、今回は、最近の結婚式二次会の事情についてまとめていきたいと思います。

結婚式二次会・会費の基本ルール

まず、二次会の会費についての基本ルールについておさえておきましょう。

結婚式と二次会、両方に参加する場合でも、ご祝儀とは別に二次会ではあらかじめ設定されている会費を払います。

結婚式でご祝儀包んだのに、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、二次会は二次会として結婚式とは分けて考えましょう。結婚式しか参列しない方・二次会しか参加しない方もいらっしゃいます。結婚式のご祝儀に二次会分をプラスして多めに包む、といったことはしなくて大丈夫です。

また、二次会の会費は、会計係の手数を増やさないように、おつりのないように、ご祝儀袋に入れたりせずに渡すのがマナーです。

会費の相場は?

結婚情報サイトのアンケートや結婚式に関するブログなどを見ると、結婚式の二次会の会費は5000円程度が妥当と考えるホストが多く、また、ゲスト側も5000円位なら出しても良い、と考えている方が多いようです。

実際の会費も、平均的な額は5000円前後。男女で会費に差をつけて「女性5000円・男性6000円」といったように、女性の会費を1000円程度低く設定する二次会も多く見られます。

これは「女性のほうが参列のためにかかる衣装やメイク・ヘアセットなどに費用がかかるから」「お酒を飲む量が違う」「男性のほうがよく食べるから」といったホスト側の配慮によるところが大きいようです。

地域によって金額に差も…

また、二次会が行われる地域によっても会費の平均額に差が見られます。

一般的に、首都圏は高めで、北海道や東北、九州地方などは低めの傾向です。首都圏では7000円前後、低い地域だと3000円程度のところもあるようです。

地域によって二次会に対する主催者側・ゲストの意識が異なり、それが会費の高低に関係しているようです。

首都圏の二次会では、ホストもゲストも二次会にゴージャスさを求める傾向が見られます。主役の二人が結婚式の衣装替えのような感じでドレスアップして登場したり、プロの司会者を立てて豪華な会場で美味しい料理を楽しむ…というスタイルの式も多いようです。ゲストは「せっかくの機会なのでゲストに素晴らしいものを」と考え、またゲスト側も、会場や料理などにかなり期待を寄せているような面が見られます。内容に満足がいけば、会費が少々高くてもよい、という意見も見られました。

一方で、会費が低めに設定されている地域の二次会には、「二次会は主役の二人がゲストと和やかに過ごすこと」を目的とする傾向が見

られます。ゲスト側も同じように考え、二次会にゴージャスさを求めないので、自然と会費も低く抑えられるというわけです。

北海道などでは、結婚式を会費制で行うことが多いようですから、そのような地域ではなおさら二次会の費用を抑えて設定するようです。

年齢や性別等で会費が違うケースも

また、参加者の年齢層によっても、会費が変わってきます。若い方の参加が中心であれば低めに、年齢が高めになればなるほどやや高めになる傾向です。これは、普段の飲み会などをみても、同じような傾向がありますね。年齢が高めのメンバーの飲み会では「ちょっと贅沢して美味しいお酒・美味しい料理に舌鼓を打つ」こんなイメージがありませんか。

女性と男性の会費の設定を変え、男性のほうが1000円から2000円程度高めに設定されている会も多く見られます。これは「ドレスやヘア・メイクなど、女性のほうが結婚式に参列するための費用がかかるから」「男性のほうが料理やお酒の量が多いから」といったホスト側の配慮からくる金額差のようです。ただ、参加メンバーによっては不満に思うかもしれませんし、招待者をみながら設定したほうがいいのでしょう。

「遠方から参列してくれている方の会費を少し低めに」「結婚式には参列せず二次会だけしか参加しない方の会費を少し高めに」設定する二次会もあるようです。しかし、この会費の決め方は、性別や年齢などと異なり、どうして金額差をつけているのか他の方にわかりずらいところがあります。そのため、会費の金額差に不公平に感じてしまう方が出てくることも考えられますので注意が必要ではないかと思われます。

まとめ

結婚式も二次会も、やり直しがきかない一度だけの大切な時間です。ゲストは貴重な時間を割いてくれているのですから、できればホストもゲストも嫌な思いをせず、良い意味で記憶に残るような素敵な二次会にしたいですよね。

そのためには、会場や料理・演出なども重要ですが、会費設定の面でも不公平感がないように配慮がほしいところです。結婚式二次会の会費設定は、ホスト側の重要な気配りポイントと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする